医師募集

TOPICS

当院が東京消防庁より救急部長賞表彰を受けました。

医局・看護部・診療協力部・事務部の

各部門の結束の賜物です。

緑眞タイムズ 号外                        更新日 2019.10.2

医療法人社団 緑眞会 近況報告

令和元年9月12日木曜日に成城消防署より感謝状を授与いたしました!

当院で授与式を行い、代表者として院長先生に授与されました。

医療法人社団緑眞会のスタッフ一同これからも救急隊との連携をより強化し、世田谷区、周辺地域の皆様が安心して暮らしていけるよう「地域の支えとなる医療機関」を目標とし努力して参ります。

By運営支援課 Ⅰ・Ⅾ


緑眞タイムズ 号外                        更新日 2019.9.24

おちたかお代議士をお招きして、当院院長と対談

今回は(衆議院東京6区・世田谷区) おちたかお代議士をお招きして、「人口密集地における地域医療の現場と政策の視点から」を当院院長と語っていただく場を設けることが出来ました。

(衆議院東京6区・世田谷区) おちたかお代議士

「人生100年時代」と言われ、90歳代まで生きることがほぼ想定の範囲になってきている社会。東京では60歳の方が90歳まで生きる確率は約5割とされ、高齢期の過ごし方、人生の閉じ方を、医療、介護に携わる方から支えていただき、そのための政策や仕組みを病院、地域、自治体、国が連携しながら作っていくことが大切だと考えています。

下田重人院長

世田谷は人口密集地であり、特に烏山地域は長寿率、高齢者の占有率が非常に高いです。「医療困難者を出さない」ことが第1の目標。人口密集地における医療資源不足という現実を含めて、高齢者医療を効果的に効率よく提供していくか。そして最終的に地元世田谷で最後まで「幸せを享受していただける様な医療」の展開をと考えています。

ネックは医療制度と介護制度との乖離です。なかなか医療の方から介護者に入っていけず、逆も然り。制度設計上の問題があり、そこを縦断する「データの共有化」ができるシステムの再構築が必要だと思っています。


(衆議院東京6区・世田谷区) おちたかお代議士

医療、介護、生活管理があって、本来はパーソナルヘルスレコードのような形でシームレスに一括管理され、そこに患者個人と、医療従事者が同じ方向を向いて進んでいける仕組みを作っていかなければならないですね。

下田重人院長

ICTのような情報を一括化して捉えられるシステムを、まずは小規模から成功例を積み、地域全体を一元化できるシステムがベストだと考えています。もちろん個人情報管理の問題もあるので、アクセス権の限定、制限が必要です。

(衆議院東京6区・世田谷区) おちたかお代議士

マイナンバーカードの活用を一気に推し進め、あと3年後くらいまでに国民全員が持つようになる時代がきます。そこに健康保険証の機能と並行して確定申告時の医療費控除のオンライン化を進めていく話があります。生まれた瞬間からマイナンバーが付与される仕組み。欧米、北欧、韓国などではそれが普通になっています。ただそこまでの基盤整備、変更に国民全体が合意しなければならないが、そこは政治の勝負です。


下田重人院長

医療もそういった一元化ができると、もちろんそこまでたどり着くには多くの困難もありますが、国民の利益を体現できることで、一気に加速していくと思います。より早いスピードでICTの話を政治主導でやっていただきたいと思います。


(衆議院東京6区・世田谷区) おちたかお代議士

わかりました。地域医療の最先端で頑張っている先生から、ひとつは医療と介護のシームレスなサービスを提供できる仕組みを、国としても国政としても作って欲しいという話をいただきました。もうひとつは、必要な人に必要なだけのサービスをする、効率的なサービスを提供するために情報の力、情報技術の力、ICTの力を活用すべきではないか、ということ。先生の意見がしっかり実現できるように国政で頑張っていきたいと思います。


緑眞タイムズ No.5                                                                   更新日 2019.9.13

支柱が伸びてきました!

前回のNo.4の投稿から約一ヶ月半が経ちました。季節も変わりはじめ、「猛暑日」ではなく「残暑」を耳にし始めましたね。

さて、工事の進行状況ですが、前回の投稿7月30日から、9月13日(金)でこうなりました!

No.4投稿7月29日(月)の撮影ではまだ足場に隙間が見えましたが、そこにコンクリートが流し込まれ、その地盤にしっかりとした支柱が伸びてきました。いま平面に見えている部分が地上1階にあたる部分で、これから予定している3階まで伸びていく様子を観ることができると思います。

こうして成長を見ていく新病院、愛着が湧いてきますね!

 

<編集後記>

9月1日、新潟県は佐渡島でトライアスロンのロングディスタンス日本選手権が行われました。スイム 2km、バイク108km、ラン21.1kmで行われたレースは5時間を超えます。今回そこに出場した緑眞タイムズ投稿者のA・K、結果は5位でした。

また、9月15日にアジアカップ村上大会(新潟県)、9月22日にアジアカップ大阪大会(大阪城)、そして10月6日にはショートディスタンスの日本選手権(お台場)への出場を予定しております。頑張ってきます!

                                                                                                                                                                                    By 運営支援課 A・K

緑眞タイムズ 号外                      更新日 2019.8.24

千歳烏山 お笑い夏まつり2019

千歳烏山商店街振興組合主催による夏まつり「お笑い夏まつり2019」に地域活動の一環で2日にわたり参加してきました!

お祭り初日は夕方からの雨にも関わらず、多くの方が来場し、舞台では歌や踊り、お笑い芸人のパフォーマンスなど、大変賑わっていました。

病院テントでは、血圧、体脂肪率を測定する機械を用いて健康相談を実施しました。お祭りに来た方、ボランティアの方を含め測定や相談を承りました。以前来院したことがある方の元気な姿も見ることができ、改めて地域密着病院としての役割を感じる機会になりました。

こうした活動を通じて、これを見た小さな子に「看護師を目指したい」と思ってもらえることも私たちにとっては嬉しい限りです。

これからもよろしくお願いします!

By 運営支援課 A・K


緑眞タイムズ No.4                      更新日 2019.7.30

基礎型枠鉄筋工事作業

台風6号が通り過ぎカラッと晴れた本日、前回投稿と同じく現場事務所の2階から撮影をさせていただきました。作業中にも関らずいつも撮影を快く受けて頂きありがとうございます。

先月の投稿から約一ヶ月、前回はまだ穴を掘っている段階でしたが、もう足場もあり、信じられない速度で作業が進んでいました。今週の予定として、基礎型枠鉄筋工事、木曜日から基礎コンクリート打設が始まるとのことです。


現場の方にお話を伺ったところ、この型枠は一般的には垂直精度±3mmが許容範囲とも言われているもので、この精密さは強度や建物の出来栄えに大きく関わってくるとのことでした。

気温が上がり、やっと夏らしい気候になってきましたね。現場で働いている方々も、病院へ来院される方も、熱中症には十分お気を付けください。

着々と出来上がる新病院に期待をのせて、引き続き新着状況をお伝えしてまいります!


By 運営支援課 A・K


緑眞タイムズ No.3                      更新日 2019.7.2

掘削作業の進歩報告

↑土台部分が着実に出来上がってきているのがわかります

↓また事務所内の作業工程の写真をみせていただきました!

当ブログをご覧の皆さま、はじめまして。

7月1日より世田谷下田総合病院・運営支援課、トライアスロン選手として入社しました、A・Kと申します。
私もこの土台部分のように組織としてしっかりと基礎、土台を作っていく一人になりたいです。
そしてアスリートとして培ってきた「活力」をご来院される患者さんや地域の皆様と共有し、相乗的に健康状態の向上を図っていきたいと思います。これからよろしくお願い致します!

By運営支援課 AK






緑眞タイムズ No.2                      更新日 2019.5.27

令和に入っていよいよ工事が始まりました!

写真は現場を撮ったものです。丁度、材料などを運ぶ車が来ていたので、覗かせていただきました。(すみません。本来であれば、事前に許可が必要ですよね。現場は危ないですからm(__)m)今は"土工事"という工程とか。できるだけ、段差を減らす為に、あえて土を削っている状況の様です。

今は、広い土地がど~んと有りますが、建物が達つとこの広さもかんじなくなるのでしょうか?現場事務所とおぼしき建物が。留守中で誰も居なくて少し心配になりました。開発許可看板もありました。

(編集後記)

地鎮祭からあっという間に1ヵ月が過ぎて、いよいよ工事という!雰囲気でした。「建物だけが新しくなったのね」なんて言われないように、院内未来会議を通して中身の充実も頑張ります!                                                                                                      by運営支援課ID

緑眞タイムズ No.1                      更新日 2019.4.26

新病院プロジェクトいよいよ始動!

平成31127日(日)、414日(日)と新病院建設許可に伴もない近隣住民の皆さんを対象とした説明会を開催致しました。
この説明会は、世田谷区の条例等に基づき開催させて頂いたもので、近隣住民の皆さんと施工主、運営主、設計事務所、施工会社が一同に介して事業概要や開院後の運用について情報を共有させて頂きました。

当院の理事長がご挨拶をさせて頂く場面です。
地域の皆さんと様々な意見を交換をさせて頂きました。

当院の理事長がご挨拶をさせて頂く場面です。

地域の皆さんと様々な意見を交換をさせて頂きました。

初夏の様な晴れやかな空の下、地鎮祭が開かれました。

平成31419日(金)大安吉日、しめやかに地鎮祭が開かれました。
理事長、副院長共に緊張した趣に、随行した役員・スタッフ一同引き締まる思いでした。

(編集後記)

日に日に新病院への移転という大仕事が迫って来ている感じがします。
ドキドキワクワク感も有りますが、地域医療の継続というのがこんなに多くの方を巻き込んで行われるものとは…
身が引き締まる思いです。(> <)                                                                                                           by運営支援課I
D