医師募集

TOPICS

当院が東京消防庁より救急部長賞表彰を受けました。

医局・看護部・診療協力部・事務部の

各部門の結束の賜物です。

居宅介護支援について

ご挨拶

「自分らしく生活したい」

「退院後も住み慣れた自宅での生活を続けたい」

そのような希望を持ちながらも、徐々に感じる体力の低下、病気や怪我での入院がきっかけによる身体状態や生活習慣の変化をよぎなくされ、不安や戸惑いを感じておられませんか?

私どもの事業所では、今までのご本人やご家族の生活を尊重しこんな生活がしたい、続けたいという思いに出来る限り応えられるような支援をさせて頂きたいと思っております。

また、私どもの事業所の母体である病院とも連携を図り、入院中からご自宅退院後の生活を想定したケアプランの作成や、地域包括ケア病棟への定期的なレスパイト入院の検討、その他主治医や各サービス提供事業所との連絡・調整を行い、お一人お一人に合う介護サービスチームを築きあげサポートさせて頂きます。

在宅介護について不安なこと、気になることがありましたらどうぞお気軽にご相談ください。

ご利用の流れ

1.ご相談

ご自宅での生活を安心して続けるうえでの医療・介護のご相談をお受けします。病院に入院中の方は自宅退院にむけてのご相談をお受けします。

2.介護保険申請、認定調査

介護保険申請をされていない方は申請手続きのお手伝いを致します。

介護保険認定調査員がご本人に面談して行う認定調査の結果と、主治医に依頼する意見書の内容を合わせて自治体の認定審査会で要介護認定が行われます。

3.ケアプラン作成(要介護15

認定結果に基づき、ケアマネジャー(介護支援専門員)がご本人とご家族の意向を踏まえ様々なサービスの情報をお伝えします。一緒にご相談しながら最適なものを組み合わせて「サービス計画書」(ケアプラン)を作成します。

*介護認定が確定する前でも、早急に支援が必要な場合には、暫定のケアプランを作成しサービス利用の調整を致します。

4.各介護サービスのご利用

「サービス計画書」(ケアプラン)に基づき、介護サービス利用のためサービス事業所等との連絡・調整を行います。

介護サービス利用開始後は定期的にご自宅を訪問し、ご本人とご家族の状況をお伺いしながら変化があった際はケアプランの修正や見直しを行います。

入院時には入院前の生活について医療機関へ情報提供をする等連携を取り、入院中でも継続して支援します。

事業所概要

事業所名

医療法人社団緑眞会ちとせからすやま居宅介護支援事業所

管理者

磯上 慶子(介護支援専門員)

所在地

世田谷区南烏山4-20-4千歳屋ビル302

(世田谷下田総合病院より北へ徒歩5分)

電話番号

080-4084-5221

ファックス番号

03-6339-6224

開設

201810

休業日

土曜日午後、日曜日、祝日、年末年始